キュッティの成分まとめ!副作用の可能性はある?

キュッティの成分まとめ!副作用の可能性はある?

キュッティの成分まとめ!副作用の可能性はある?

 

キュッティはパウダー状ということでいろんな成分が混ざっています。
ここではそんな成分をすべて公開。

 

アレルギーなどがある人は確認していってください。

 

キュッティの成分まとめ

キュッティに含まれる成分のすべてがコチラ。

 

紅茶エキス末(紅茶、オリゴ糖)、難消化性デキストリン、発酵紅茶エキス末、パン酵母、乳酸菌(殺菌乳酸菌体)、乾燥生菌粉末(乳酸菌末)、ギムネマシルベスタ抽出物、亜麻仁油、水溶性食物繊維、フラクトオリゴ糖、グァー豆分解物、サイリウム、アサイー果汁末、マキベリー濃縮果汁末、ココナッツオイル、植物発酵エキス末、野草発酵エキス末、植物発酵抽出物、トウガラシ末、L-シトルリン、ルイボス茶抽出物、ローズヒップ果汁粉末、ジンジャーエキス末、米胚芽・大豆発酵抽出物、樹木抽出物、甘草抽出物/トレハロース、クエン酸、環状オリゴ糖、香料、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、結晶セルロース、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、植物レシチン、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、酸化防止剤(V.E.)(原材料の一部に乳、オレンジ、りんご、キウイフルーツ、大豆、バナナ、カシューナッツ、ゴマ、やまいもを含む) ラチン、豚肉を含む)

 

かなり多いのでスマホの方は明るいところでご覧ください。
山芋や大豆、バナナなどはアレルギーにかかる人が多いでしょうか。
キュッティの公式サイト自身はアレルギーに関してはこう述べています。

 

 

酵素が多量に含まれているのでそういった成分に何か心当たりがある人はお医者さんに診てもらってからのほうがいいかもしれません。

 

副作用の可能性とは

キュッティは薬や医薬部外品ではなくダイエットティー。
なので成分の安全性に関しては高くなっています。

 

 

健康食品でも妊娠中などは飲まないようにと警告してるものも多い中、キュッティは特に問題ありません。
さらにキュッティはその製造過程にも安全性に関しての工夫をしています。

 

 

このISO認定工場というのは簡単に言うと国際的に認められた品質の工場ということ。

 

ISO 9001とは、企業などが、顧客や社会などが求めている品質を備えた製品やサービスを常に届けるための仕組みについて「国際標準化機構(ISO)」が定めた、世界共通の規格です。
その仕組みを更に良くしながら顧客の満足度の一層の向上を目指すためには、どのような組織にしたらよいのか、責任分担をどうしたらよいのか、どのような方法で仕事をすればよいのかについて定めています。

日本適合性認定協会より

 

口にするものなので不純物が入ったら痩せるどころじゃないですからね。
そういった製造にも気を使ってくれてるのはうれしいところです。

 

成分、副作用まとめ

 

酵素が多く入ってるのは注意
副作用の可能性も低い

 

気になる人は一気に試さず少しずつ飲むといいでしょう。
といっても中身は普通の紅茶なので心配はいらないと思いますけどね。

 

 

関連ページ

キュッティの全額返金の詳細まとめ!意外な落とし穴も?
キュッティを買う際にぜひ知っておきたい返金保証。この保証の条件や方法などをまとめました。適当に覚えているとはまりがちな落とし穴もまとめています。
キュッティの適切な飲み方紹介!効果を一番引き出すには
キュッティは適当に飲んでも効果がありますが一番適切な飲み方というのもあります。それをここではいろいろと紹介。購入前に一度確認しておきたい人は要チェック!
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 全額返金の詳細まとめ 販売店の価格比較 飲み方まとめ